ニュース

2021/10/15

【愛媛4区】立憲民主党から出馬予定だった杉山啓候補者

ども、梶田檸檬です。 昨日衆議院が解散して、今月31日に選挙が開かれます。 岸田新内閣への国民の期待が問われる選挙です。 さてさて、今回の衆議院選挙で1番の注目候補は愛媛4区から立憲民主党で出馬する杉山啓候補者です。 いや、立憲民主党で出馬する予定でしたが、諸事情により公認を取り消されました。 一体何があったのか!? この方、東大卒のインテリらしいですが、学生時代からのTwitterのつぶやきがものすごい。 さて、JKを視姦しに行くk(ry いやいやいやいや、いきなり何言ってるんだこいつはw 一応このつぶ ...

ReadMore

読書感想文

2021/8/19

【岡田コウ】わたしと兄の日常4

ども梶田檸檬です。 岡田コウと言えば、お互い両思いなのに素直になれない、わがままな年上の男と、生意気な女子中学生(小学生ぐらいに見える)とのHがテーマの漫画家です。 最近はその中でも兄と中学生の妹との近親相姦というのがお気に入りの設定のようで、今までにもいくつか似たような作品を発表しています。 有名なのがアニメ化もされた「好きで好きで、すきで」 生意気な妹を睡眠薬で眠らせてセックスしようとする兄と、睡眠薬を飲まずに寝たふりをして兄を待つツンデレの妹の話でした。 そしてそれらの集大成的な作品がこのシリーズ。 ...

ReadMore

読書感想文

2021/9/13

【あせとせっけん】その後を描いた同人誌

ども、梶田檸檬です。 あせとせっけんが完結しました。 この漫画を最初見た時はHな漫画だとばかり思ってましたよw 主人公ヒロイン、八重島麻子さんは汗っかきがコンプレックスのOL。 恋愛経験はほとんどなし、なんと26歳で処女でした! たしかに眼鏡かけて真面目そうな地味子さんですが。 しかし無事第1話で初体験。 やるのかやらないのかはっきりしろや!って展開じゃなくてよかったw 設定が高校生とかじゃないんだし。 こうして無事男性と初めての夜を過ごしたのですが、この翌日、二人は正式に交際することになります。 付き合 ...

ReadMore

ニュース

2021/7/14

YouTuberコンビ「みきおだ」のみっき~(25)の淫行疑惑問題

ども、梶田檸檬です。 またYouTuberがやらかしてくれた。 しかも今回は未成年への淫行疑惑だ。 25歳のYouTuber「みきおだ」のみっき~とJK1年の16歳(記事によっては15歳)によるものらしい。 ……すまん、またしても全く知らん。 誰こいつ?名前も聞いたことないんですけど。 調べてみたらほうほう、はえ〜レベル高いっすね 今時の子っていうか結構男前やん(※イケメンという言葉は梶田世代は使わない) YouTuber みっき~ これで(その世界では)有名人ときたらファンの女の子はホイホイついていって ...

ReadMore

ニュース

2021/7/6

超人気YouTuber31名が緊急事態宣言下に“自粛破りの大パーティ”「深夜3時まで泥酔カラオケ」

水溜まりボンド、あやなん、コムドット…超人気YouTuber31名が緊急事態宣言下に“自粛破りの大パーティ”「深夜3時まで泥酔カラオケ」《スクープ撮》チャンネル登録者総数は約2226万人 #文春オンラインhttps://t.co/roul4zn8di — 文春オンライン (@bunshun_online) June 24, 2021 文春オンライン ども、梶田檸檬です。 文春砲もネタが無くなったのか、とうとうユーチューバーまでターゲットにしてきたぞ。 人気ユーチューバー31人が、緊急事態宣言下 ...

ReadMore

ニュース

二股男への復讐のため全国ニュースになる事件を起こした新婦

PR_3

こんにちは、梶田檸檬です。

既婚の巡査部長、不倫相手と披露宴 親族にばれ式場紛糾

既婚者であることを隠し、独身女性と結婚披露宴を開こうとしたとして、福岡県警が、小倉北署の40代の男性巡査部長を減給の懲戒処分にしていたことが、県警への取材でわかった。巡査部長は「ずるずると付き合い、こうなってしまった」と話しているという。

監察官室によると、巡査部長は数年前から不倫関係にあった女性との披露宴を北九州市若松区の結婚式場で昨年11月に開こうとした。双方の親族、友人が数十人ずつ集まる予定になっていたが、当日は巡査部長側は本人しか現れなかった。開宴直前、不審に思った女性側が追及すると、自身が既婚者だと認めたという。

式場が紛糾し、親族に囲まれて対応に窮した巡査部長が自身の親族に連絡。電話を受けた親族が「犯罪に巻き込まれたのでは」と警察に通報し、警察官が出動する騒ぎになった。

巡査部長は2月9日付で「不適切な交際」を理由に減給処分を受けた。監察官室は「重婚や詐欺などの犯罪には当たらない」としている。事案を公表していなかった理由については「不倫はいちいち発表することではない」と説明している。(小野大輔)

朝日新聞デジタル

こういうこと誰にでもあるよね。

え、ない?

2人以上彼女がいる場合、クリスマスとかのイベントで誰にでも起こりうることじゃないか!?

さすがにここまで大事にはならなかったが、梶田も何度かこういう修羅場にあってきた。

「いや、クリスマスイブは仕事で忙しいから22日に会おう」といくら説得しても聞き入れてくれない彼女がいた。

あるいは当日電話で「ごめん、体調が悪くて会えない」とどんなに辛そうな声で訴えても「会ってくれないなら今からお前を殺しにいく」と言ってマンションのチャイムを一晩中鳴らし続けた彼女もいた(これは本当に怖かった)。

幸いストーカーとなって何ヶ月もつきまとわれたり、今回のような全国ニュースになるような事件にまでは発展しなかったが。

これはオレにぎりぎり女を見る目があったからだと思う。

 

この事件で悪いのは披露宴当日まで事実を言い出せなかった新郎ではない。

新郎が既婚者であることは新婦もわかっていたと思う

自分が本命ではなくただの遊び相手だったことも。

わかっていながらあえて浮気男を困らせるためだけに親族や友人まで巻き込み、何百万円もかけて披露宴を準備し、最終的には全国的なニュースにまでしてしまったのだ。

女というのは本当に恐ろしい生き物だと改めて思った事件である。

以上、梶田檸檬でした。

PR_5

PR_6

-ニュース
-

© 2015 レモンな人