雑談

2022/5/8

【濃厚接触】とうとうコロナに感染してしまいました

ども、梶田檸檬です。 このたび、とうとうコロナに感染してしまったのだ。 1回もワクチンを打たないと言うノーガード戦法を貫き、やっとGW前に日本もコロナ終息かと言う時だった。 そんな4月の某日、セフレみーちゃんとデート。 濃厚接触の翌日に、なんと!みーちゃんが発熱。 コロナ陽性だったと連絡が来た。 この時点ではまだワイは無症状だったが、みなし陽性と言われ、7日間は外に出ないでくださいと言われた。 それでも大丈夫と軽く思っていたが、その4日後に熱が出たのだ。 先に風呂から上がって、みーちゃんが脱いだブラを嗅い ...

ReadMore

雑談

2022/4/11

新年度を迎えてアンダーヘアを剃りました

ども、梶田檸檬です。 いよいよ成人年齢が18歳に引き下げられました。 それと同時にどさくさ紛れに女性の結婚年齢が16歳から18歳に引き上げられてしまいました。 これでもう梶田は16歳の女子高生と結婚できないんですね😭 そしてデキちゃった女子高生たちもシングルマザーの道を歩むしかなくなった。 本当になんてことをしてくれたんだ、馬鹿野郎! ますます日本の少子化が進むぞ! 絶対に次の選挙では自民党には入れないからな! そして心機一転、ヘアを剃りました 梶田は長年迷いに迷っていたアンダーヘアを剃りました。 もうツ ...

ReadMore

セフレ・出会い系

2022/4/6

人妻セフレまーちゃん(41)と焼き鳥屋デート

ども、梶田檸檬です。 先週土曜日は、人妻セフレまーちゃん(41)と焼き鳥デートでした。 彼女とは月一ぐらいのペースで会うようになりましたね。 ここでまーちゃんと出会いました この日の食事はここ。京橋の鳥せい。 鳥せい 京橋店 関連ランキング:焼き鳥 | 京橋駅、大阪ビジネスパーク駅、大阪城北詰駅 京橋店。京都に本店があります 串8種盛り合わせ この日もデートの後、ネイルを予約しているそうです 締めのおじやが美味しかった これに他にだし巻きとビール、チューハイ、日本酒飲んで4300円。安っ💦 メニュー見てる ...

ReadMore

読書感想文

2022/3/19

【読書感想文】出産増進法 ~今日、見知らぬ人の子を身ごもります~

ども、梶田檸檬です。 最近の流行りの設定をたくさん取り入れている、ちょっとおもしろいエロ同人誌見つけました。 20XX年、日本国政府は少子化対策のため、出産増進法を制定。 これにより全国民には、交配と出産が義務付けられた。 男性は18~30歳、女性は18~25歳、その期間に自治体に申請し、交配をしなければならない。 日本政府が少子化を食い止めるために無理矢理セックスさせて子どもを作らすという流行りの設定です。 こんな設定が増えるっていうのは、それだけ現実問題として日本の少子化が差し迫ってきたんでしょうね。 ...

ReadMore

ニュース

2022/3/31

【純愛】ラブホテルで14歳少女とみだらな行為、41歳男逮捕「結婚を約束した真剣な交際だった」と容疑を否認

ども、梶田檸檬です。 18歳未満の少女と知りながらみだらな行為をしたとして、兵庫県警垂水署は9日、青少年愛護条例違反の疑いで、三重県朝日町に住む看護師の男(41)を逮捕した。 逮捕容疑は昨年11月24日、兵庫県明石市内のラブホテルで女子中学生(14)とみだらな行為をした疑い。男は「結婚を約束した真剣な交際だった」と容疑を否認しているという。 同署によると、男と女子中学生は会員制交流サイト(SNS)で昨年10月ごろに知り合った。女子中学生は家族にも「結婚を考えた真剣な交際をしている」と話し、両親が12月中旬 ...

ReadMore

ニュース ロリ

【祝】高校生同士の結婚

PR_3

『今日好き』女子高生モデル“まや”重川茉弥、妊娠&6月結婚発表 相手は番組で結ばれた“しゅん”

ABEMAの人気番組『今日、好きになりました。』の「ハワイ編」(2019年4月放送)に出演していた、現役女子高生モデルの“まや”こと重川茉弥(16)が21日、自身の公式ブログを開設。最初の投稿で、番組でカップルになった“しゅん”こと前田俊(17)との間に第1子を妊娠し現在8ヶ月で、6月に結婚することを発表した。

ORICON NEWS

ども、梶田檸檬です。

おお、なんと16歳(♀)と17歳(♂)の結婚とな!

若い二人が夫婦となり、子宝を授かるのは大変喜ばしいことだ。

おじさんも嬉しいし、できれば梶田も女子高生と結婚したいぞw

妊娠が分かったのがおそらく去年の末なのに、結婚が6月というのは男の方が18歳になるまで入籍できないからということなのだろう。

さあ、ここで思い出してもらいたい。

2022年4月には民法改悪により、女性の婚姻年齢が引き上げられ、男女とも18歳にならないと結婚できなくなることを。

そもそもなんで年齢が引き上げられることになったかというと、2003年に国連の女子差別撤廃委員会から男女で統一するようにと勧告を受けたからなのだ。

しかし日本では、どの高校でも学年に必ず1人ぐらいは妊娠して学校を退めなければならない女子がいるのが現実だ。

2016年の人口動態調査で、16歳と17歳の母親から生まれた子は2007人。

うち嫡出子(結婚して産まれた赤ちゃんは)785人。

ということは1年で1200人以上の未婚の母による非嫡出子が生まれてきているというのが現実なのだ。

別な見方で未成年の人工妊娠中絶数、年間約1万8千件にものぼる。

これで未成年が結婚できないとなると、この数字がもっと増えるのは火を見るより明らかだ。

最近はシングルマザーなんて言葉が出来ているが、これは現実をボカしている言葉だ。

シングルマザーには、離婚したり、夫に先立たれたりした場合も含まれる。

新しい民法は男女平等を謳いながら、現実は女性にだけ子どもや責任を押し付ける極めて不公平極まりない法律なのだ。

なぜそのことに日本のフェミニストたちは気がつかない!?

男女で統一するなら女性を引き上げるのではなく男を引き下げて男女とも16歳で結婚できるようにするべきだったのだ。

以上、梶田檸檬でした。

男女ともに婚姻年齢18歳以上に民法改正

「非嫡出子」増える懸念(毎日新聞)

未成年の人工妊娠中絶数、年間約1万8000件「日本の性教育は不徹底」

PR_5

-ニュース, ロリ
-, ,

© 2015 レモンな人