読書感想文

2021/2/27

【ヤンマガ版_第6話】カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

ども、梶田檸檬です 一般紙であるヤングマガジンWebで連載されているカラミざかり。 今日現在(2021年2月27日)第7話が公開、それに伴って第6話が今日から期間限定で無料になっています。 カラミざかり ボクのほんとと君の嘘(1) (ヤンマガKCスペシャル) 何度も言いますが一般紙での連載なので、これはエロ漫画ではなく青春ラブコメ漫画ですw 前回の繰り返しだけど 女とはやれる時にやれ。女もやりたい気持ちは男とそんなに変わらない オリジナル版はこんな感じで、優柔不断な山岸もなんとか脱童貞できました。 ところ ...

ReadMore

ニュース

2021/2/17

【AVマーケット事件】あれから8ヶ月たちました

ども、梶田檸檬です。 AVマーケット事件、最初の逮捕者(運営)からすでに8ヶ月がたちました。 さて現在どうなっているかというと…… あれ? 特に動きなし。 なんで? と思ったら ところで、私見になるのですが、コロナ感染症が収束するまでは、児童ポルノ所持罪という比較的軽い犯罪捜査のために、警察は裁判官に捜索令状を請求することが比較的難しいと思いますし、裁判官も捜索令状を出すことに慎重になるだろうと思います。なぜなら、児童ポルノ所持罪の捜索のために、電話をしている人の家に家宅捜索に入ることや裁判官も自分が発布 ...

ReadMore

読書感想文

2021/2/17

【ヤンマガ版_第5話】カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

ども、梶田檸檬です 一般紙であるヤングマガジンWebで連載されているカラミざかり。 先々週まで第3話が無料、先週は第4話が無料。そして今週は第5話が無料で読めるようになってます。 1話以外は期間限定なんですね。 毎週こまめにアクセスしてチェックしないとダメなのか。 今日現在(2021年2月9日)第2話から第4話がが有料で、第1話と第5話が無料になっています。 カラミざかり ボクのほんとと君の嘘(1) (ヤンマガKCスペシャル) 前回の記事で最後に バカだろ、こいつ(主人公)。何度もいうけど女とはやれる時に ...

ReadMore

ニュース

2021/2/12

【ノリがまるで学級会】森喜朗会長の3日の“女性蔑視”発言糾弾

ども、梶田檸檬です。 昨日から森喜朗元総理の発言をめぐって、全マスコミが森さんを総攻撃している 森喜朗会長の3日の“女性蔑視”発言全文(スポニチ) 【3日のJOC臨時評議員会での森会長の女性を巡る発言】これはテレビがあるからやりにくいんだが、女性理事を4割というのは文科省がうるさくいうんですね。だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。これもうちの恥を言いますが、ラグビー協会は今までの倍時間がかる。女性がなんと10人くらいいるのか今、5人か、10人に見えた(笑いが起きる)5人います。 女性っ ...

ReadMore

読書感想文

2021/2/17

【ヤンマガ版_第4話】カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

ども、梶田檸檬です 一般紙であるヤングマガジンWebで連載されているカラミざかり。 先週まで第3話が無料だったので記事にしましたが、今週は第4話が無料になってました。 今日現在(2021年2月1日)第2話と第4話がが有料で、第1話と第4話が無料になっています。 どうやら最新話の一つ前が一時的に無料になるシステムなのかな しかも週末には単行本発売告知が掲載だと!? ここは無料で読ませてもらってますけど単行本出たら買いますんでよろしく カラミざかり ボクのほんとと君の嘘(1) (ヤンマガKCスペシャル) 第4 ...

ReadMore

ニュース 雑談

30年前の免許更新で交通安全協会会費(1,500円)を断った話

スポンサードリンク3

"こんにちは、梶田檸檬です。

平成最後の運転免許更新に行ってきた。

有効期限が「平成31年5月……」となっていて、平成31年5月は永久に来ないことがわかっているけど、それでもやっぱり更新しないとダメですね、はい。

さてこの免許更新の時に交通安全協会という、よくわからない団体が1500円寄付を募っている。

1,500円を払うと免許証入れと交通安全の冊子がもらえるが、帰り道でみんな捨ててるあれだ。

実はあの冊子、日本で売れている"本"のツートップのひとつである。

ちなみにもう一つは池田太作の人間革命だ。

どちらも最も売れていて、最も読まれていない本でもあるw

さて今でこそネットのおかげで実は払う義務がないことをみんな知ってるけど、それ以前は義務と勘違いして84%の人が黙ってお金を払っていた。

実はこの梶田も知らずに、かつては義務と信じ馬鹿正直に金を払っていたのだ。

その事実を知ったのはネットがまだ普及してなかった1990年。

今から約30年前に会社の先輩が

「あれはよくわからない警察OBの天下り団体で会計とかも適当で、みんな知らずに黙って払っているけど、そんな義務がないんやで」

と教えてくれた。

ただその人が共●党の党員だった。

あと先輩とはいえ仕事では全く使えない信用0の人だったので、その情報も正直半信半疑だった。

そして免許更新の当日。

窓口で

「隣の窓口でお願いします」

と、確かに払うのが義務と言ってないが、寄付してくださいとも言ってない。あきらかに錯誤を誘うような言い方だ。

「これ絶対払わないといけないんですか?」

勇気を出して聞いてみた。

「……いえ」

なんだ、こいつ?みたいな目で睨まれた。

「隣の窓口飛ばしていいですか?」

「……どうぞ」

心拍数爆上げ⤴️である。

ブログではいつも強気なこと書いているが、梶田はリアルでは意外と小心者なのだ。

隣の窓口には普通に長い行列ができていたが、それを飛ばして更新手続きに入った。

もう1回言うがこれはネットが普及する前、今から約30年前の話である。

ただその後の視力検査や講習の順番待ちでなかなか名前が呼ばれない。

なんとなく順番を飛ばされているような気がした。

そのあいだ心臓バクバク⤴️で、もし

「寄付してない人は書類に指紋を押してください」

とか言われたら速攻で払っていただろう。

しかし少し待たされた気はするが無事名前を呼ばれ免許は更新できた。

なんども言うがネットが無かった1990年の話である。

普段から共●党は信用できないと公言してる梶田だが、このアドバイスだけは本当に役になった。

ありがとう日本共●党。

一度も選挙で入れたことはないけど。

以上、梶田檸檬でした。

スポンサードリンク5

スポンサードリンク6

-ニュース, 雑談

© 2015 レモンな人