読書感想文

2021/2/27

【ヤンマガ版_第6話】カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

ども、梶田檸檬です 一般紙であるヤングマガジンWebで連載されているカラミざかり。 今日現在(2021年2月27日)第7話が公開、それに伴って第6話が今日から期間限定で無料になっています。 カラミざかり ボクのほんとと君の嘘(1) (ヤンマガKCスペシャル) 何度も言いますが一般紙での連載なので、これはエロ漫画ではなく青春ラブコメ漫画ですw 前回の繰り返しだけど 女とはやれる時にやれ。女もやりたい気持ちは男とそんなに変わらない オリジナル版はこんな感じで、優柔不断な山岸もなんとか脱童貞できました。 ところ ...

ReadMore

ニュース

2021/2/17

【AVマーケット事件】あれから8ヶ月たちました

ども、梶田檸檬です。 AVマーケット事件、最初の逮捕者(運営)からすでに8ヶ月がたちました。 さて現在どうなっているかというと…… あれ? 特に動きなし。 なんで? と思ったら ところで、私見になるのですが、コロナ感染症が収束するまでは、児童ポルノ所持罪という比較的軽い犯罪捜査のために、警察は裁判官に捜索令状を請求することが比較的難しいと思いますし、裁判官も捜索令状を出すことに慎重になるだろうと思います。なぜなら、児童ポルノ所持罪の捜索のために、電話をしている人の家に家宅捜索に入ることや裁判官も自分が発布 ...

ReadMore

読書感想文

2021/2/17

【ヤンマガ版_第5話】カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

ども、梶田檸檬です 一般紙であるヤングマガジンWebで連載されているカラミざかり。 先々週まで第3話が無料、先週は第4話が無料。そして今週は第5話が無料で読めるようになってます。 1話以外は期間限定なんですね。 毎週こまめにアクセスしてチェックしないとダメなのか。 今日現在(2021年2月9日)第2話から第4話がが有料で、第1話と第5話が無料になっています。 カラミざかり ボクのほんとと君の嘘(1) (ヤンマガKCスペシャル) 前回の記事で最後に バカだろ、こいつ(主人公)。何度もいうけど女とはやれる時に ...

ReadMore

ニュース

2021/2/12

【ノリがまるで学級会】森喜朗会長の3日の“女性蔑視”発言糾弾

ども、梶田檸檬です。 昨日から森喜朗元総理の発言をめぐって、全マスコミが森さんを総攻撃している 森喜朗会長の3日の“女性蔑視”発言全文(スポニチ) 【3日のJOC臨時評議員会での森会長の女性を巡る発言】これはテレビがあるからやりにくいんだが、女性理事を4割というのは文科省がうるさくいうんですね。だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。これもうちの恥を言いますが、ラグビー協会は今までの倍時間がかる。女性がなんと10人くらいいるのか今、5人か、10人に見えた(笑いが起きる)5人います。 女性っ ...

ReadMore

読書感想文

2021/2/17

【ヤンマガ版_第4話】カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

ども、梶田檸檬です 一般紙であるヤングマガジンWebで連載されているカラミざかり。 先週まで第3話が無料だったので記事にしましたが、今週は第4話が無料になってました。 今日現在(2021年2月1日)第2話と第4話がが有料で、第1話と第4話が無料になっています。 どうやら最新話の一つ前が一時的に無料になるシステムなのかな しかも週末には単行本発売告知が掲載だと!? ここは無料で読ませてもらってますけど単行本出たら買いますんでよろしく カラミざかり ボクのほんとと君の嘘(1) (ヤンマガKCスペシャル) 第4 ...

ReadMore

ニュース

土俵に女性が上がって良かろうはずがない

スポンサードリンク3

こんにちは、梶田檸檬です。

https://www.youtube.com/watch?v=35aIqDTYOD8

女性がなんで大相撲の土俵に上がってはいけないか?

相撲は神事であり女性は不浄(穢れ)であるからと言う人がいます。

つまりは古くからある女性蔑視、男女差別の根源であると。

こうして日本は未開の土人国家だと。

しかしこれはおおきな間違いです。

日本ほど古来より女性を尊重していた国はありません。

日本の神社のほとんどに祀られている神様は天照大神(アマテラスオオミカミ)つまり女性なのです。

女性のためにドアを開けたり席を譲ったりする表面だけの「レディファースト」なんてバカげています。

女性の神様が筆頭の国なんて世界中探したってありませんよ。

日本こそが真のレディファーストの国なのです

もともと神事というのは、人間が神様のご機嫌をとるために行うことなのです。

神様のご機嫌をとって災害や疫病を抑え、五穀豊穣や国の発展を祈る、もといお願いすることなのです。

日本の神事の多くに女性が不参加とされる理由は、天照大神は嫉妬深い神様なので、若くて綺麗な女性がいるとご機嫌を損ねて災いを起こされるからなのです。

 

とまあここまでならちょっと事情通の人たちが教えてくださいますが、大相撲には神事とは別にもうひとつ裏に隠された本当の理由があるのです。

実は相撲というのは男芸者、男色のアッーーーな世界なのです。

デブ専の裸の男たちがふんどし一丁でぶつかり合ったりハァハァ抱き合ったりする世界なのです。

土俵もただの丸でなく、徳俵というちょっとオマケみたいなゾーンを付いたデザインになってますが、あれはケツの穴を象徴しているというのが真相です。

大相撲の土俵に上がりたいという女性政治家がいましたが、相撲協会はこれを断るときに

「こんな世界が一つぐらいあってもいいじゃないですか」と意味深なコメントを出しました。

これはわかりやすい例えで言うと、いくら男女雇用機会均等法といってもオネエのお店で女性を雇えないのと同じです。

そういえば私も昔、成人映画館へ彼女とカップルで入ろうとしたことがありました。

成人映画館とは大人の男がHな映画を見るところと思ってたら間違いで、本当はホモやゲイの出会いの場、つまりハッテン場と呼ばれるところなのです。

そんなところへ女の子を連れて入ろうとしたのですが見事に入場を拒否されました。

男色とはそう言う世界なのです。

 

伝統と格式という建前と、天照大神による真の女性第一の国であるという歴史観。

そして女人禁制というアッーーな世界の掟

これらが大相撲なのですよ。

以上、梶田檸檬でした。

スポンサードリンク5

スポンサードリンク6

-ニュース
-

© 2015 レモンな人