雑談

2022/8/4

統●教会の女の子をラブホに連れ込んだ話

ども梶田檸檬です。 むかしむかし、まだ時代が昭和だった頃、梶田が20歳の大学生だった頃のお話です。 京都の繁華街四条通りの大丸百貨店の前には、毎日のように「アンケート調査」と銘打って立っている、ちょっと気味の悪い人たちがいました。 その正体はというとあの統●教会の人たちです。 サタンが来ると言って恐怖心を煽り、壺や印鑑を売ったりする今また話題になってるあの団体です。 「アンケートにご協力ください」て話しかけてきますが、その正体がかなりヤバい宗教団体だということは既に知っていました。 普段は無視して通り過ぎ ...

ReadMore

セフレ・出会い系

2022/7/27

根性焼きだらけの元ヤン熟女と昼飲みデート

ども、梶田檸檬です。 ハッピーメールに乗り換えて早速一人目に会ってきました。 しかしこれがハズレ。 いやどうハズレかって言うと、一応年齢が梶田と同じ50代半ばということだったんですけど、どう見ても60代の半ばぐらい。 10歳はサバ読んでるな(苦笑 ランチだけで帰ろうとしたら 「え、もう帰るの?」 ごめんなさい、無理です(心の声) でも一応社交辞令で 「じゃあラブホでHしますか?💌」(偽りの心) 「でもこの辺ラブホないですよね」 「じゃあ次に会った時に」 ふ〜助かったw やさしいよね、オレ で、次に会ったの ...

ReadMore

セフレ・出会い系

2022/7/4

PCMAXからハッピーメールへ乗り換えてみた

ども、梶田檸檬です。 やっとコロナが収まってほぼ普通の日常に戻りつつある日本。 さて、おぼえているだろうか、1年前に会った45歳人妻の話を。 PCMAXで出会った45歳熟女とデートしてきた(2回目) PCMAXで出会い、1回目のデートでランチのあと即セックス。 その時に生中出ししてちょっとキレられたあの人妻(45)せっちゃんであるw 1回目のデートの3週間後にまたデートをしたんだけど、その間に3人の男と会って内2人とまたHしてたという女神みたいな人でした。 1年後にまた会おうと約束して、それからちょうど1 ...

ReadMore

ニュース

2022/7/6

京都の花街の世界

ども、梶田檸檬です。 元舞妓の「告発ツイート」にSNS騒然、未成年への飲酒強要に淫行も?国内メディアは「謎の沈黙」で海外メディアに訴える動きが活発化 京都という街を象徴する存在のひとつである「舞妓」に関して、その闇の実態を告発するツイートが元舞妓だという人物から発せられ、大きな騒ぎとなっている。 一連のツイートだが、未成年である16歳で浴びるほどお酒を飲まされる、お客さんと「お風呂入り」という名の混浴を強いられる、5,000万円で処女を売られそうになった、などといった衝撃的な内容。 さらに、旦那と呼ばれる ...

ReadMore

読書感想文

2022/6/6

岡田コウ新刊「他愛ないコイゴコロ」の読書感想文

ども、梶田檸檬です。 先週、岡田コウの新刊「他愛ないコイゴコロ」が発売されました。 今回の内容は3部構成。 第一部が「あばかれるこころ」(前・後編) シチュエーションが同級生同士。 うーーーーーーん、なんていうか、ヒロインが大人すぎてダメだ。 そしてストーリーはというと催眠術で相手をコントロールして…… このまま言いなりになるんです。 ん?なんか愛上陸みたいだなw 【読書感想文】イジラレ(愛上陸)   第二部が「わたしと兄の最初の日」 前の同人誌のやつですね。 【岡田コウ】わたしと兄の日常4 書 ...

ReadMore

ニュース

京都の花街の世界

ども、梶田檸檬です。

元舞妓の「告発ツイート」にSNS騒然、未成年への飲酒強要に淫行も?国内メディアは「謎の沈黙」で海外メディアに訴える動きが活発化

京都という街を象徴する存在のひとつである「舞妓」に関して、その闇の実態を告発するツイートが元舞妓だという人物から発せられ、大きな騒ぎとなっている。
一連のツイートだが、未成年である16歳で浴びるほどお酒を飲まされる、お客さんと「お風呂入り」という名の混浴を強いられる、5,000万円で処女を売られそうになった、などといった衝撃的な内容。
さらに、旦那と呼ばれるいわゆるスポンサーが多額の費用を置屋に支払ったうえで、お目当ての舞妓と男女の関係となるといった「旦那さん制度」に関しても、まだ残っていると語っている。

正直、何を今更と言った感じ。

今に始まった話ではなく、何百年も前から京都の花街の世界とはこういうものなのだ。

アイドルに憧れて芸能界に入ってみたら、ギャラはろくに支払われなかったり、枕営業を強要されるのは常識である。

だがそんな芸能界ですらぬるいと言われるのが京都の花街なのだ。

初代総理大臣・伊藤博文は芸者遊びが大好きで、特に水揚げ(舞妓さんの処女をいただく)が大好きだった。

伊藤博文は一体何人の舞妓さんの処女を食ったのだろう。

そのほとんどが12〜3歳というから裏山……あ、いや、今なら大臣辞職どころか、逮捕される犯罪行為である。

あまりの女好きに、明治天皇から「ほどほどにしなさい」と叱られたという逸話まである。

ただ現代ではコンプライアンス的に未成年に酒の席で接客させたり、ましてや売春まがいの行為をさせるのは完全アウトなので、ここは今後は変えていかないとダメだと思う。

そして「修行中だから」という理由で給料らしい給料を何年も払ってなかったりしたら、そんな前時代的な業界はそんなに遠くなく廃れていくだろう。

相撲が外国人力士ばかりになったように、京都の舞妓さん芸妓さんも気がつけば日本人がいなくなる日が来るかもしれない。

ただ京都人というのはこういった時代の流れに大変敏感である。

今でも「日本の首都は京都どす。東京みたいな田舎と一緒にせんといとくりゃす」と真顔で言うのが京都人。

空気を読み、古きを残しながら新しいものを取り入れるというしたたかさがあるからこそ、ずっと栄えた都であったのだ。

ていうか、この子の話はどこまで本当なんだろ?

俄かに信じがたい。

そもそもなんで芸妓さんになりたいと思ったのか。

厳しい世界だと、最初からわかっていたと思うのだが。

まるっきりウソとは言わないがかなり盛ってると思う。

ずっと奴隷のようにこき使われて自由時間がないって絶対そんなことないですよ。

普通にカフェでお茶してる舞妓さんをよく見ます。

みんなプライベートタイムは普通の10代の女の子と一緒です。

あ、念のために言っておきますが本物の舞妓さんです。コスプレの舞妓さんと間違えることは絶対ないです。

ほんとに可愛くて綺麗です。

【結論】海外メディアが動いてるらしいので、また日本の文化コンテンツ潰しが目的の闇勢力の仕業だろう。

以上、梶田檸檬でした。

-ニュース

© 2015 レモンな人