男たるもの浮気しても家族のためなら最後までシラを切り通さなあかんのです

DMM

こんにちは、梶田檸檬です。

50代医師、斉藤由貴との不倫を初めて認めた!一線越えた理由は「言語で語れない」

女優・斉藤由貴とのW不倫が報じられている50代医師が11日、日本テレビ系「スッキリ!!」の独占インタビューに答え、5年前から不倫関係にあることを初めて認めた。

7年前、家族の付き添いで医師のクリニックを受診したという斉藤。アイドル時代からファンだったという医師は、女優と家庭を両立させる彼女の姿に惹かれ、2年後の2015年から男女の関係になったという。

医師と患者の一線を越えた理由は「欲ではなかった。言語で語れるものではない」と語った。

出会った当初、うつむき加減で、小さい声で現れた斉藤が、5年後、自信を持ち、女優として称賛されている姿を見て、「そのプロセスに関われたことは贅沢の何物でもない」と話した。「演出家になったのか」という問いには「振り返ってみるとそうかもしれません」と打ち明けた。ただ、今謝るべき対象は「僕の大事な家族だけ」だとし、家族に謝罪したという。

斉藤に対する今の心境としては「今でも僕は斉藤由貴を守りたい。でも今の僕にはできない」などと説明していた。

スタジオでは加藤浩次が、「僕がいたから、斉藤由貴さんがもう1回輝けたというニュアンスに聞こえた」と疑問を投げた。高橋真麻は、「『僕が謝るべき対象は家族だけ』という言葉が気になった。由貴さんの家族やドラマスタッフ、スポンサーにも迷惑をかけている。『斉藤由貴を守りたい』と言っているのに矛盾している」と批判した。

何なんですかね、この医師。

たしか1ヶ月前までは斉藤由貴をかばって「男女の関係ではない」とか言ってたはずなのに。

ここへ来て急遽一転

今朝の日テレの「スッキリ」単独インタビューであっさり不倫認めちゃいました。

これは認めたらあかんでしょう。

病院経営が上手くいかず、日テレから金でも貰ったのかと勘ぐりたくなります。

男たるもの、自分の家族や愛人を守りたいのなら絶対に認めたらあかんのです。

どんな写真を撮られようと、どんな証拠を突きつけられようと

男たるもの最後までシラを切り通さなあかんのです

たとえラブホから出てきた写真を撮られようとも「休憩していただけ」

キス写真を撮られようとも「はずみで顔が当たっただけ」

裸で一緒にベッドで寝ているところに踏み込まれても「セックスはしてない」

セックスしてるハメ撮り動画が流出しても「射精してない」

使用済みコンドームとDNA鑑定結果を突きつけられても「気持ちよくなかった」

ここまで言い切ってこそです

漢と書いて男なのです。

家族、特に奥さんはウソだとわかっていても、それでも信じたいのです。

この医師が奥さんのことを愛してるならこんなことしてはいけなかったのです。

以上、梶田檸檬でした。

DMM

wakuwakumail800600

スポンサーリンク
広告ローテーション
ハッピーメールバナー
DMM

ハッピーメールバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告ローテーション
wakuwakumail800600
DMM

wakuwakumail800600