一夫多妻制導入のため政府には民法改正を検討してほしい

DMM

こんにちは、梶田檸檬です。

梶田には夢があります。

一つは身寄りのない女の子を引き取り、16歳JKになったら結婚すること。

もう一つは7人の彼女を作り毎日違う家に帰る生活です。

本当は結婚してもいいんですが、日本じゃ一夫多妻性が認められていませんからね。

さてフェミニスト(フェミニズム)と言われる女性解放の思想を持った人たちは、この一夫多妻制については否定的です。

しかし逆なんだよなあ

梶田のようなリベラルな思想を持った男から見ると一夫多妻制こそが女性のために優遇された制度なのです。

一夫多妻制になると男はいっぱい妻を持てる!と思うでしょうが、これは大きな間違いです。

なぜなら男と女の数は同じなのですから、一人の男が複数の妻を持てば大多数の男は妻を持てなくなるのです。

学生の頃を思い出してください。

陽キャでイケメンな勝ち組の男たちが、クラスの何人もの女の子を美味しくいただいちゃってたことを。

しかし結婚するにあたって一夫一妻という制度のおかげで均されてしまい、その気さえあればほぼ誰でも結婚できるようになっているのです。

では日本が一夫多妻になり、男一人で5人まで妻が持てるようになった場合どうなるか?

まず100人ずつの男女にランキングをつけます。

ランキングは個人の好みや価値観で多少バラツキがあるでしょうが、ここでは話をわかりやすくするため無視します。

まずランキング1位の男はランキング1〜5位の女性を妻に出来ます。

ランキング2位の男は6〜10位の女性を妻に、3位の男は11位〜15位……と言った具合になります。

こうしていくと男ランキング20位で女性が品切れになってしまうのです。

実際男全員が5人の妻を持つとは限りませんから、もう少し下位の男にも5人は無理でも1人や2人とならチャンスはあるでしょう。

それでも平均50位以下の男になるともうノーチャンスです。

またランキング20位の男にしても一夫一妻なら20位の女性と結婚できたはずなのに、複数持てるとはいえ96位〜100位の女性としか結婚出来ないという考え方もあるのです。

つまり男から見て一夫多妻というのはランキング上位にとっては良い制度かもしれませんが、大多数から見れば決して良い制度ではないのです。

これは男側から見た場合です。

では女性の立場から見ればどうでしょうか?

先ほどのランキング100位の女の子の場合、一夫一妻なら100位の男と結婚するところが、一夫多妻ならなんとランキング20位の男と結婚できるのです。

仮に100位の女の子が面倒臭い子で「私一人を愛してくれる人じゃなきゃ嫌!」と言い出しても、20位は無理でもランキングを落として50位ぐらいの男なら絶対受け入れてもらえますよ、100位のくせに。

フェミニズム女性解放を考える人たちは、日本政府に一夫多妻制を導入するよう民法改正を要求すべきなのです。

あと結婚可能年齢の18歳引き上げ廃案も。

以上、梶田檸檬でした。

スポンサーリンク
広告ローテーション